新型コロナウイルス感染症に伴う保育の認定について

新型コロナウイルス感染症に伴う保育の認定について

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、現在、札幌市では、下記の取り扱いについて変更しておりますので、ご承知おきください。

【令和2年11月19日掲載】
・保護者の求職活動を理由に保育所等に入所している場合の入所期間

【令和2年11月19日掲載】
・保育所・幼稚園などにおいて、退所の対象となる長期欠席の期間

 

保護者の求職活動を理由に入所している場合

 認可保育所等を利用している世帯のうち、「求職活動」の事由により、教育・保育給付認定(2号認定または3号認定)を受けている世帯については、新型コロナウイルス感染症等の影響による求職活動の長期化等に対応するため、引き続き求職活動により保育が必要な状況にある場合、再申請することにより、教育・保育給付認定期間(保育所等の入所期間)を再認定(※)することができます。

※ 再認定ができる期間は、認定期間終了日の翌日から起算して、90日が経過する月の月末までです。(再認定は2回まで可能)

例:「求職活動」事由による認定期間(1回目) 令和2年10月1日から12月31日のとき
 引き続き求職活動により保育が必要な状況にある場合においては、再申請することにより令和3年1月1日から令和3年4月30日まで再認定ができます。

 なお、適用期間は令和3年3月31日申請受付分までとなっており、3度目の再認定はすることができませんのでお気を付けください。なお、申請についてはお住いの区の健康・子ども課へご提出ください。

【保護者の皆様へ】求職活動による認可保育所などの入所期間の延長について(教育・保育給付認定 再認定のご案内)(PDFファイル:105.7KB)

 

保育所・幼稚園等の長期欠席の取り扱いについて

 保育所や認定こども園、幼稚園等の利用にあたっては、原則、長期間欠席すると、施設に預ける必要がないものとして退所の対象となります。退所を判断する時期は、欠席の理由により異なりますが、理由がやむを得ない場合であっても、原則、欠席期間が2か月間を超えると退所の対象となります。

 これについて、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、下記のとおり取り扱いを変更いたします。

変更後の取り扱い
令和3年3月31日までの間については、欠席期間が連続して2か月以上となる場合でも、退所の対象とはなりません。

※ 利用者負担額は、通常通りお支払いいただく必要があります。

 

この記事に関するお問い合わせ先

札幌市子ども未来局子育て支援部保育推進担当課保育推進係
〒060-0051 札幌市中央区南1条東1丁目 大通バスセンタービル1号館3階
電話番号:011-211-2346
ファクス番号:011-231-6221
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2020年11月20日