【こぐま座】8!スクランブルシアター

(イメージ)【こぐま座】8!スクランブルシアター

開催場所・会場
札幌市こども人形劇場こぐま座
開催日・期間
10月26日(土曜日)、10月27日(日曜日)いずれも14時から
エリア
中央区
イベントの種類分野
イベント / 遊ぶ・楽しむ , 鑑賞する(芸術) , 幼児対象
イベントの詳細
内容

劇団の熱気が客席いっぱいに伝わってくる「あつい!あつい!スクランブルシアター」が今年もやってくる。

参加劇団渾身の新作8作品を2日間にわたり、一挙に上演します。

【10/26(土曜日)14時~】

(1)「ごきげんなライオン」=とらえもん

~ある日、ライオン君はケガをして病院へ。残された奥さんライオンは、お客さんを楽しませようと試行錯誤。さて、何をするのかな?~

(2)「たいへんだ」=ぐらんぱ

~あわてんぼうのリス君。もみの木にお日様がひっかかった。森の仲間を巻き込んで大騒ぎ。さて、お日様はどうなるのかな?~

(3)「銀河鉄道の夜」=ゆるりっか

~貧しく孤独な毎日を送るジョバンニ。気が付くと銀河鉄道に乗っていた。夢か現実か・・・。~

(4)「うさぎのいえ」=てんてこまい

~森の小屋に住むウサギのところに、ある日キツネがやってきて「ちょっと休ませて欲しい」と。キツネを快く招き入れたウサギでしたが、翌日キツネに追い出されてしまいます。困ったウサギはどうするのか?~

【10/27(日曜日)14時~】

(5)「ともだちほしいなコンとポン」=なかよし

~キツネとタヌキは、代々仲が悪かったけれど、子狐コンと子狸ポンは森で出会って大の仲良しに。さまざまな違いを乗り越え心を通わせることの大切さを感じてください。~

(6)「ぶす」=一九三屋

~狂言を人形劇にしてみました。怖くて、あまーい壺の中。蓋を開けたら・・・中には黒くてドロリとした「ぶす」が・・・その正体とは!?~

(7)「注文の多い料理店」=にじいろ

~狩りに出掛けた二人の紳士がお腹を空かせて迷い込んだのは、不思議なレストラン。長い廊下を進むと次々とあらわれるメッセージ・・・~

(8)「つるのおんがえし」=オセロ

~助けられた鶴は人の姿になり、ひとつだけ約束ごとをして恩返しをします。でも人間は、その約束をやぶってしまいました。人の心には何は残ったのでしょう。~

費用

3歳以上400円。2日通し券600円。

問い合わせ先

札幌市こども人形劇場こぐま座

〒064-0931 中央区中島公園1番1号

電話番号 011-512-6886

ファックス 011-512-6886

備考

【こぐま座ホームページ】

http://www.syaa.jp/sisetu/gekijou/index.html

地図情報

更新日:2019年09月20日