4月1日以降に出生したお子さんの新生児聴覚検査の一部費用助成を開始します。

札幌市では、出産後に出産医療機関等で実施する新生児聴覚検査(初回検査)の費用の一部助成を令和2年4月1日から開始いたします。

赤ちゃんの健やかな発達のために新生児聴覚検査をぜひ受診しましょう。

令和2年4月1日より新生児聴覚検査の費用を一部助成します

対象となる方

令和2年4月1日以降に出生し、新生児聴覚検査を受検した乳児

(新生児聴覚検査受検時において産婦または乳児が転出されていた場合や令和2年4月1日以前にお生まれになった方は、対象とはなりませんのでご了承ください。)

助成の対象となる検査内容と金額

【受検時期】

・原則として出生後1週間以内に出生した医療機関で実施した新生児聴覚検査の初回検査

・ただし、出生した医療機関において新生児聴覚検査を実施していないなどの事情により、入院中に検査を実施できないときは、退院後、生後3か月以内に他の医療機関で実施した新生児聴覚検査の初回検査も対象とする。

 

【助成内容】

以下のいずれかの検査内容

・自動ABR(自動聴性脳幹反応検査) 上限3,000円

・OAE(耳音響放射検査)上限3,000円

(上限を超えた金額は医療機関へ直接お支払いください。医療保険適用となる検査は助成対象外です。)

受検方法

・出産後、委託医療機関に「新生児聴覚検査受診票」を提出して受検してください。

・委託医療機関では、受診票を使用することで、新生児聴覚検査時に一部費用が助成されます。委託医療機関以外の医療機関で新生児聴覚検査を受けた場合は、償還払いが可能です。

・委託医療機関は道内の分娩医療機関です。分娩予定の医療機関が委託医療機関かどうかについては、直接医療機関に確認いただくか、下記問い合わせ先にお問い合わせください。

償還払いの手続き

・上記対象者であって、委託医療機関以外で自動ABRまたはOAEいずれかの新生児聴覚検査(初回検査)を受け、その費用を自己負担された方は、返金(償還払い)を受けることができます。

償還払いの手続き
申請方法

申請に必要な以下のものをそろえて、お住いの区の保健センターまでお越しください。

1.札幌市妊婦一般健康診査等助成費支給(償還)申請書

   下記申請先でお渡しします。

2.母子健康手帳

3.未使用の本誌新生児聴覚検査受診票

4.新生児聴覚検査費用が確認できる領収書や診療明細書

5.対象者の保護者名義の預金通帳、印鑑

申請時期 新生児聴覚検査の初回検査を受検してから1年以内
注意事項

・手続きは令和2年6月1日開始となります。それ以前の手続きはできません。

・助成は自ABR、OAEともに3,000円を上限に払い戻し(償還払い)します。上限額に満たない場合はその額となります。また、上限額以上に費用がかかった場合も上限額以上の払い戻しはありませんのでご了承ください。

申請・問い合わせ先 お住まいの区の保健センター

 

問い合わせ先・償還払い申請先

各区保健センター連絡先
中央保健センター 511-7221 豊平保健センター 822-2400
北保健センター 757-1181 清田保健センター 889-2400
東保健センター 711-3211 南保健センター 581-5211
白石保健センター 862-1881 西保健センター 621-4241
厚別保健センター 895-1881 手稲保健センター 681-1211

 

すでに母子健康手帳を受け取っており、出産予定日が4月1日以降の方

令和2年4月1日以降の母子健康手帳交付者には、妊婦健診受診票と一緒に新生児聴覚検査受診票をお渡しします。

令和2年3月31日までの母子健康手帳交付者で、令和2年4月1日以降の出産予定日の方は、新生児聴覚検査受診票単票をお渡しいたしますので、上記各区保健センターにお越しください。

この記事に関するお問い合わせ先

札幌市保健福祉局保健所健康企画課

〒060-0042 札幌市中央区 大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5151
ファクス番号:011-622-7221

更新日:2020年03月30日