Q.札幌市外で妊婦健診を受けた場合は

里帰り出産などで市外の医療機関や助産所を受診した場合、妊婦健診に要した費用の一部を申請(償還払)に基づき助成します。

※委託契約を締結していない市外の医療機関及び助産所では、受診票は使用できませんので、一旦全額をご負担いただくことになります。
※申請には領収書が必要となりますので、紛失しないようご注意ください。
※助成金は、医療機関で支払った妊婦健診に要した費用と、公費負担基準額のいずれか低い額となります。費用の全てが助成されるものではありません。

助成の対象

札幌市に住民登録のある札幌市妊婦一般健康診査受診票をお持ちの方が、札幌市と妊婦健診の委託契約を締結していない市外の医療機関及び助産所で、妊婦健診を受診した費用。

※保険診療分、妊婦健診ではない自費診療、15回目以降の健診などは助成の対象外となります。

申請

お住まいの区の保健センターに申請してください。
・ 申請者はご本人です。
・ 申請期限は、最後の健診を受けた日から1年以内です。
・ 札幌市に住民登録のある方が対象となりますので、市外への転出を予定されている方は、転出
 前に申請してください。

申請の際に必要なもの

1.母子健康手帳
2.未使用の札幌市妊婦一般健康診査受診票
3.領収書(母子健康手帳「妊娠中の経過」に記載された対象となる受診日の領収書)
4.預金通帳
5.印鑑(申請者と預金通帳の口座名義人が異なる場合は、助成金受領の委任が必要となります。申
 請者の印鑑と、口座名義人の印鑑をそれぞれご用意ください。)

※申請書は保健センターにあります。

この記事に関するお問い合わせ先

札幌市保健福祉局保健所健康企画課
〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階
電話番号:011-622-5151
ファクス番号:011-622-7221

更新日:2017年04月07日