妊婦健診費用の一部公費負担

妊婦健診の費用の一部を助成します。

札幌市では、妊婦さんの健康を守り、安全な出産と健康なお子さんの出生のために、14回分の妊婦健診で利用できる「妊婦一般健康診査受診票」をお渡ししています。

<対象となる方>
 札幌市に住民登録がある妊婦の方

<妊婦健診受診票の配付>
 各区保健センターで母子健康手帳の交付にあわせてお渡ししています。

<助成の対象となる機関>
 ・市内の産科婦人科委託医療機関(必ず受診票をお持ちください。)
 ・市内の委託助産所(必ず受診票をお持ちください。)
 ・市外の産科婦人科医療機関・助産所

市外の産科婦人科医療機関・助産所をご利用の方については、受診に要した費用の一部を申請により、助成いたします。詳しくは、保健センターにお問合せください。

住所の異動があった方へ

札幌市に転入された方

  • 札幌市外から転入された方で、他市町村での受診回数が合計14回未満の場合は、札幌市の妊婦一般健康診査受診票と交換します。
  • 他市町村で交付された受診票等と母子健康手帳をお持ちの上、保健センターに申請してください。
  • 詳細は、お住まいの区の保健センターにお問い合わせください。

 

札幌市から転出された方

  • 住民票を札幌市外に移された方は、その日以降の受診について、札幌市の妊婦一般健康診査受診票を使用することはできません。また、健診費用の助成を受けることもできません。
  • 詳細は、新しくお住まいになる市町村にお問い合わせください。

助成の対象となる検査項目

妊婦健診の公費負担検査項目(平成30年4月1日)
1回目

問診・診察、血圧・体重測定、尿検査、末梢血液一般検査、

グルコース(血糖)、ABO血液型・Rh血液型、HIV抗体価検査、

不規則抗体(間接クームス検査)、風疹ウイルス抗体価検査、

梅毒血清反応検査、B型肝炎抗原検査、C型肝炎抗体検査

2回目

問診・診察、血圧・体重測定、尿検査、クラミジア検査、

子宮頸がん検診

3回目  問診・診察、血圧・体重測定、尿検査
4回目  問診・診察、血圧・体重測定、尿検査
5回目

問診・診察、血圧・体重測定、尿検査、

末梢血液一般検査、常用負荷試験(血糖)

6回目  問診・診察、血圧・体重測定、尿検査
7回目  問診・診察、血圧・体重測定、尿検査
8回目  問診・診察、血圧・体重測定、尿検査
9回目  問診・診察、血圧・体重測定、尿検査
10回目  問診・診察、血圧・体重測定、尿検査
11回目

問診・診察、血圧・体重測定、尿検査、

末梢血液一般検査、B群溶血性レンサ球菌(GBS)検査

12回目  問診・診察、血圧・体重測定、尿検査、ノンストレステスト
13回目  問診・診察、血圧・体重測定、尿検査
14回目  問診・診察、血圧・体重測定、尿検査

HTLV-1

抗体検査

 1回(1・5・11回目の受診票と組み合わせて使用)
超音波検査  8回(上記の1から14回目の受診票と組み合わせて使用)

助産所では、太字の回数時の受診票(3回目、4回目、6回目、7回目、8回目、9回目、10回目、12回目、13回目、14回目)と超音波検査が使用できます。

ヒト白血病ウイルス-1型抗体検査について

平成23年1月4日から、ヒト白血病ウイルス-1型(HTLV-1)抗体検査を妊婦健診にかかる費用を助成の対象に追加しています。詳しくは「ヒト白血病ウイルス-1型抗体検査」のページをご覧ください。

市内の保健センター

受付時間は平日の午前8時45分から午後5時15分までです。

各区保健センター

この記事に関するお問い合わせ先

札幌市保健福祉局保健所健康企画課
〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階
電話番号:011-622-5151
ファクス番号:011-622-7221

更新日:2018年04月06日