認定こども園とは

認定こども園について

認定こども園が制度化された背景

近年都市部では、幼稚園の定員割れ、保育所の超過入所と待機児童の発生、地方では子どもの集団の小規模化など、従来の施設の枠組みだけでは対応できない状況が発生しています。こうした状況や多様化する保護者ニーズなどに対応するため、平成18年10月の就学前保育等推進法施行により、幼稚園・保育所という従来の枠組みに加え、新たな選択肢として「認定こども園」が制度化されました。

認定こども園とは

認定こども園には、地域の実情や保護者のニーズなどに応じて選択が可能となるよう多様なタイプがあります。

  • 幼保連携型
    幼稚園的機能と保育所的機能の両方の機能をあわせ持つ単一の施設として、認定こども園としての機能を果たすタイプ。
  • 幼稚園型
    認可幼稚園が、保育が必要な子どものための保育時間を確保するなど、保育所的な機能を備えて認定こども園としての機能を果たすタイプ
  • 保育所型
    認可保育所が、保育が必要な子ども以外の子どもも受け入れるなど、幼稚園的な機能を備えることで認定こども園としての機能を果たすタイプ
  • 地方裁量型
    幼稚園・保育所いずれの認可もない地域の教育・保育施設が、認定こども園として必要な機能を果たすタイプ

認定こども園の利用手続き

保育所部分:保育所等への入所手続きについて

幼稚園部分:幼稚園・認定こども園(幼稚園部分)の利用手続き

この記事に関するお問い合わせ先

札幌市子ども未来局子育て支援部保育推進担当課保育推進係
〒060-0051 札幌市中央区南1条東1丁目 大通バスセンタービル1号館3階
電話番号:011-211-2346
ファクス番号:011-231-6221
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2017年04月14日